処理中です。しばらくお待ちください。

中古マンション経営について

リスク1 入居者が見つからない?

安心・安全なマンション経営をスタートしても肝心の入居者が見つからなければ家賃収入を得ることが出来ません。
つまり入居者が付きやすい場所の物件でなければ、空室リスクが発生してしまうということです。
では「入居者が付きやすい物件」とはどのような物件なのでしょうか?

解決1 転入人口が増加する東京都のマンション

東京都の人口は増加傾向にあります。
バブル経済時期の東京圏への人口集中から一時期埼玉、千葉、神奈川といった周辺県への転出が見られましたが、 ここ数年は郊外県での人口はあまり増加せず、東京23区の転入人口が増加する都心回帰現象が特徴としてあげられます。

転入人口を年齢別に見てみると、高校進学や大学進学、就職という理由からか10代から20代の階級の転入が多く見られます。

解決2 単身者向けの需要に強いワンルームマンション

10代20代の転入が多い(参照:東京都の年齢別転入超過数)にもかかわらず、都内のワンルームマンションの供給は不足しています。

単身世帯の増加数が上図でわかると思いますが、実際に供給されているワンルームマンションは下図のようになっており、 圧倒的に数が不足しているのが現状です。

次に中古ワンルームマンションと中古ファミリーマンションを比較してみましょう。
ワンルームタイプの物件はファミリータイプの物件よりも、物件価格、原状回復費用などすべての面において優れているといえるでしょう。

全部解決 家賃を保証してくれるシステムもあります

東京のワンルームマンションでスタートしたら空室の心配も少ないですし
家賃保証なら安心してマンション経営がスタートできますね。

セミナー予約