処理中です。しばらくお待ちください。

中古マンション経営について

メリット1 新築よりも安い

中古のワンルームマンションは、比較的築年数が浅くきれいな物件でも、新築時の7~8割程度の価格で購入することができます。
新築のマンションの価格は、土地の仕入れ代、建築費や広告費などを含め、ディベロッパーが決めています。 それに対して中古マンションは需要と供給のバランス、市場原理で価格が決まるためです。

首都圏ワンルーム 新築・中古の価格の推移(2014年は1月~9月)

首都圏ワンルームの賃料は新築と比べて安定しています

価格が安いだけではメリットになりません

価格の開きほど、新築マンションと中古マンションの家賃には差ががありません。
築浅の物件で、価格が新築時の7割程度になるのに対し、家賃は新築時の7割にはなりません。 下がっても、入居者のニーズがある場所であれば、9割程度でしょう。新築マンションに比べ、収益率の高い、マンション経営が可能になるのです。

価格が安いので、収益率アップ。
中古マンション 価格が安い≠家賃が安い
中古マンション経営なら、価格が安く、家賃が下がりにくい入居者のニーズがあるマンションが選べます!

セミナー予約