処理中です。しばらくお待ちください。

中古マンション購入ケーススタディ

お金の不安

雇用不安に、物価上昇、消費税アップ、それに年金の問題。年金の受給開始年齢引き上げも検討されていますよね。 私たちは、将来のために将来どのくらいのお金が必要で、どうやって準備していったらいいのでしょう?

Q 将来、どれぐらいお金が必要か知っていますか?

将来どのくらいのお金が必要なのか、詳しく知っている人はわずか、3.7%!ほとんどの人がよく知らないのが現状です。

Q 将来の生活に金銭面で不安はありますか?

でも、アンケートの結果を見てわかるとおり、漠然と将来に不安を抱えている人がほとんどですね。
何か将来のためにしなければいけないのは、わかっているけど、何をしたらいいのかわからない。 この先ずっと働ける保証もないし、退職金もあてにならない。年金もどうなるかわからない。
今から、将来のために、何を始めればいいのか一緒に考えましょう!

将来に必要なお金はいくらくらい?

衣・食・住最低限の生活費は16万円!
これに対して、現在のシングル女性(正社員だった場合)の公的年金受取額は平均11万円/月程度。(現時点では)
最低限の生活を送るだけでも、毎月5万円程度のお金が足りないのです!
退職後も住宅ローンや家賃の支払いが続くかも。それにせっかく、長い間働いて、ゆっくり自分のために使える時間ができる将来…。 旅行や趣味にファッション、楽しみたいですよね?
ゆとりある暮らしをするためには、さらにプラス10万円程度のお金が必要です!

それに、年金の受給開始年齢の引き上げが検討され始めました。
私たちが年金を受け取れるのは、70歳からになってしまうかも…。

あくまで、平均寿命までの金額です。日本の平均寿命は年々高くなっています。
長生きがリスクになってしまうかもしれません。

どうやって将来に備える?

最低でも、約5,000万円の準備が必要なのです!どうやって準備していきますか?預貯金で準備できますか?

Q 1ヶ月いくら貯金していますか?

例えば今30歳。60歳までに5000万円貯めるためには、毎月14万円貯めていかなければ行けません。
アンケート結果を見ても、月々の貯金額は1万円~5万円程度の方がほとんど。今の生活を捨ててまで、将来のために貯金をする…。 今の生活ももちろん大事!とてもできませんよね?
さらに今は、超低金利時代。預貯金の利息は期待できません。

私たちのお勧めする、将来の対策

預貯金だけで、将来の準備をするのは、なかなか難しいですよね。
それに、何歳まで長生きするかわからないなかで、預貯金を崩しながらの生活はとてもリスクです。

私たちがお勧めする、中古マンション経営なら、毎月安定した収入を生み出してくれるので、預金がゼロになってしまうリスクがありません。
今の生活に負担なく、そして簡単にできる将来の対策方法なのです。
みなさまのライフプランに合わせて、マンション経営のご提案をさせて頂きます!

セミナー予約