処理中です。しばらくお待ちください。

中古マンション購入ケーススタディ

健康~近い将来に備える

健康

楽しい人生を送る為にはまず健康第一ですね!
病気にならないことがまずは大切。しかし、病気になってしまった時の備えについて考えましょう。

私の住んでいる市では、対象年齢の女性に検診の通知が来ます。乳がん検診や子宮頸がん検診を500円で受けることが出来ます。
これは病院で人間ドックを受けるより格安です!!各市区町村によって違いますので、皆さんも住んでいる市区町村ホームページで確認し活用してみてください。

女性特有の病気

どんなに気をつけていても病気になる可能性もゼロではありません。
女性ならではの病気と症状、治療・入院した時かかる費用を把握しておきましょう。

女性特有の病気にかかった場合、入院費・治療費は結構かかりますね。病気はいつなるかはわかりません。
入院・治療費は突然の出費ですが、そのために毎月貯金をするのも、なんだかもったいない気がしますよね。

医療保険

ケガ・病気の際の突然の出費に備えた医療保険があります。女性向きのものが多くありますので、それについても把握しておきましょう。

医療保険だけでまかなおうと思うともっと保証を手厚くしないと・・・
でも月々の負担がおおきくなってしまう・・・

高額療養費制度を知っていますか??

高額療養費制度

医療機関や薬局の窓口で支払った額(※)が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。
※入院時の食費負担や差額ベッド代等は含みません。

女性特有の病気が増えている中、医療保険を考えている方も多いと思いますが、必要以上の保証に対して保険をかけるのはもったいない!
国の保証もうまく活用しましょう。今まで払いすぎていた分を今度は将来の準備に回すことも出来ます。

~もっと先の将来に備える~

運動や定期健診などで健康な体を保てたとしても、退職後お金がないと寂しいですよね・・・
そこで!!退職後の自分の為に出来る個人年金保険についてみてみましょう。

個人年金保険

個人年金保険とは、保険の仕組みを用いた私的年金の1つです。
公的年金は主に国が運営しますが、個人年金保険は私的年金といわれるように、生命保険会社や民間金融機関が運営しています。簡単に言うと「保険会社や保険料を支払い、老後支払った金額に利息が付いて受取れる。」というものです。

受け取り期間が10年間ってことは、結局11年目からの生活分は更に貯金が必要ってことですね。何歳まで生きるかわからないし・・・
これだと生活を圧迫するな~・・・

中古マンション経営なら・・・生活に負担をかけずに年金が準備できます!!

中古マンション経営は、入居者の家賃を収入源にしているので10年で打ち切りということもありません。
また、マンションをローンを組んで購入しても、入居者の家賃で返済をしていくので、今のご生活に負担なく将来の年金が準備できます。また、住宅ローンには「団体信用生命保険」という死亡保険がついているので、高度障害や死亡の場合は保険が降りてローンはなくなります。これ一つで、将来の年金も死亡保険もカバーできるお得な「保険」としても人気があります!!

「将来の備えは必要」これだけは絶対と言えます。でも、自分の為とはいえなかなか難しいですよね。 今まで見てきたように”備え”には色々な方法があります。それを知っていると知らないとでは今後が大きく変わってきます。
さぁ!マンション経営で一生輝けるステキ女子でいましょう。
楽しい将来に向かって 体を健康に保つこと・万が一のために備えることは大切です。 ただ、必要以上に保険料を払っていたり、それに気づかずに払い続ける人はとても多いようです。
マンション経営は毎月負担なく、着実に将来につながる「備え」です。

セミナー予約